ようこそ、さくらの治療院へ

いらっしゃいませ、院長の菅井マリコです。
忙しく働く女性の皆さまに、心から満足していただけるトータルボディケアを提供するべく、この治療院を開院しました。
酷い肩こりをどうにかしたい方、むくみで重い足をすっきりさせたい方、
若い頃のハリのある肌を取り戻したい方、機械ではなく手によるマッサージを堪能されたい方、
完全予約制、女性専用のはり・きゅう・マッサージサロン「さくらの治療院」をお試しください。
どうぞよろしくお願いいたします。

Toggle

テレビ・映画・音楽

Amazonプライムビデオ備忘録(3)

洋画、邦画ごちゃまぜです。


「クリード チャンプを継ぐ男」(2015)
「ロッキー」シリーズは第1作と4作めの「炎の友情」しか見たことなかったのですが、まったく問題なしでした。とにかく年老いたシルベスター・スタローンがこうまで魅力的なのかと見惚れてしまった次第です。
なんの気なしに見始めた導入部からエンドクレジットまで本当に面白かった。主人公アドニスは顔も体つきも美しく、たいへん素直な良い子だから自然と応援したくなるし、シンガーであるヒロイン・ビアンカが「クローズ・ゼロ」の黒木メイサばりのお寒い曲でなく、何ともゴキゲンなライブを見せてくれたのが素敵です。おまけに世界王者コンランのルックスがいかにも「ボクサー」で最高!強ければ強いほど頭が悪そうで(褒めてます)。クライマックスでアドニスが「俺は“過ち”なんかじゃない!」と言った瞬間から涙腺堤防決壊。こんなの誰だって泣くでしょ。

「ヴィジット」(2015)
THE 不快。不愉快。何だかイヤだわ。怖いとか恐ろしいではなく「生理的に無理」としか言い様のないこのカンジが嫌いです(←褒めてます)。

「SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁」(2016)
「SHERLOCK」はシーズン2までが最高。以上。

「WOOD JOB! ~神去なあなあ日常~」(2014)
伊藤英明のための映画。伊藤英明最高。

「貞子3D ~2Dバージョン~」(2012)
なにこれ。

「探偵はBARにいる」(2011)
「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」(2013)
大泉洋と松田翔平のコンビがとても好いです。でも長い。あと15分は短縮できると思うのですが…。

Return Top