ようこそ、さくらの治療院へ

いらっしゃいませ、院長の菅井マリコです。
忙しく働く女性の皆さまに、心から満足していただけるトータルボディケアを提供するべく、この治療院を開院しました。
酷い肩こりをどうにかしたい方、むくみで重い足をすっきりさせたい方、
若い頃のハリのある肌を取り戻したい方、機械ではなく手によるマッサージを堪能されたい方、
完全予約制、女性専用のはり・きゅう・マッサージサロン「さくらの治療院」をお試しください。
どうぞよろしくお願いいたします。

Toggle

テレビ・映画・音楽

「ブラックパンサー」を観てきました。


成田HUMAXシネマズ、IMAX 3D(字幕)での鑑賞です。平日とはいえ公開2日めだというのに、観客が自分を含めて4人しかいなくて愕然としましたよ。どうなってんの成田のIMAX…。

2016年公開の「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」でマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)に初登場した新たなヒーロー、ブラックパンサーを主役に描くアクション映画。アフリカの超文明国ワカンダの若き国王ティ・チャラが、漆黒のスーツと鋭い爪を武器に戦うブラックパンサーとして活躍する。絶大なパワーを秘めた鉱石「ヴィブラニウム」が産出するアフリカの国ワカンダは、その恩恵にあずかり目覚しい発展を遂げてきたが、ヴィブラニウムが悪用されることを防ぐため、代々の国王の下で、世界各国にスパイを放ち、秘密を守り通してきた。父のティ・チャカの死去に伴い、新たな王として即位したティ・チャラは、ワカンダの秘密を狙う元秘密工作員の男エリック・キルモンガーが、武器商人のユリシーズ・クロウと組んで暗躍していることを知り、国を守るために動き始めるが……。主人公ブラックパンサー=ティ・チャラ役はチャドウィック・ボーズマン。監督を「クリード チャンプを継ぐ男」のライアン・クーグラーが務め、同作で主人公クリードを演じたマイケル・B・ジョーダンが、ブラックパンサーを追い詰める強敵エリック役で出演。
解説は「映画.com」より引用しました。


見ていただければ一目瞭然、真の主役は向かって左側のエリック・キルモンガーです。今作のヴィランではありますが、主役の面構えをしています。一方のティ・チャラ陛下、MCU初登場となった「シビル・ウォー」ではアクションもめちゃめちゃ決まっていて、育ちの良いまさに”出来た人”でしたが、肝心の主演作に於いては、かあちゃん、妹、元カノ、女近衛兵らに甘やかされたお坊ちゃんにしか見えません。それだけ対比されるキルモンガーの歩んできた道が凄惨だったとも言えますが。

キルモンガーを演じたマイケル・B・ジョーダン。ヤバい。なんていい男。

いい男と言えば、ジャバリ族のリーダー、ゴリラ…じゃない、エムバクもクライマックスで美味しいところをごっそり持って行ってしまい、ますます陛下の影を薄くしておりましたなぁ。

頑張れ、ティ・チャラ陛下!元カノ・ナキアに捨てられて落ち込んでる場合じゃないぞ!
「ワカンダ・フォーエバー!」だ。

Return Top