ようこそ、さくらの治療院へ

いらっしゃいませ、院長の菅井マリコです。
忙しく働く女性の皆さまに、心から満足していただけるトータルボディケアを提供するべく、この治療院を開院しました。
酷い肩こりをどうにかしたい方、むくみで重い足をすっきりさせたい方、
若い頃のハリのある肌を取り戻したい方、機械ではなく手によるマッサージを堪能されたい方、
完全予約制、女性専用のはり・きゅう・マッサージサロン「さくらの治療院」をお試しください。
どうぞよろしくお願いいたします。

Toggle

テレビ・映画・音楽

「ジュラシック・ワールド/炎の王国」を観てきました。


火山大爆発&恐竜大暴れの夏休みお祭り映画を観るとなれば、少々値は張るとも成田HUMAXシネマズ・IMAX 3Dで異議はなし。実際の入りはそこそこ。空いてもいませんが混んでもいないといったカンジでしょうか。公開から日も経ってますしね。

シリーズ14年ぶりの新作として2015年に公開され、記録的な大ヒットとなった「ジュラシック・ワールド」の続編。前作でハイブリッド恐竜のインドミナス・レックスとT-REXが激闘を繰り広げ崩壊したテーマパーク「ジュラシック・ワールド」を有したイスラ・ヌブラル島に、火山の大噴火の兆候が表れ、恐竜たちの生死を自然に委ねるか、あるいは危険を冒してでも救い出すか、人間たちは判断を迫られていた。そんな中、恐竜行動学のエキスパートのオーウェンはテーマパークの運営責任者だったクレアとともに、恐竜たちを救うべく行動を開始するが、その矢先に島の火山で大噴火が発生する。恐竜と心を通わせるオーウェンを演じるクリス・プラット、クレア役のブラウス・ダラス・ハワードらメインキャストが続投。監督は前作のコリン・トレボロウに代わり、「永遠のこどもたち」「インポッシブル」などで注目されたスペインの出身のJ・A・バヨナが新たに務める。
解説は映画.comより引用しました。

ああ、これぞハリウッドのビッグバジェット映画。モンスターアクションとディザスターとホラーをぎゅうぎゅうに詰め込んだ欲張り仕様で、細かい突っ込み処は恐竜の咆哮とどんがらガッシャーン!で相殺すればオールオッケーな作りです。

島に取り残され、迫り来る溶岩に為す術なく立ち尽くすブラキオサウルスの姿が噴煙に消えて行く場面では、いま船に乗ってるヤツら全員罰が当たれと思い、そのとおり悪の首謀者・実行者どもはみな「ざまぁ」な目にあったワケですが、結果としてそいつらどころか人間社会全体が報いを受ける事態に。(ノ∀`)アチャー
あーあ、どーすんのこれ?海にはモササウルス先輩が、ライオンの前にはメンチ切るTレックスさんが、ラスベガスにはプテラノドンが、そして丘の上にはブルーさん…。

どーすんのよー?

※次回、成田のIMAXへ行くときはコレ(↓)を観ます。

あとMCUじゃないので、エンドロール後に「Blue will return.」はありませんでした。

Return Top