ようこそ、さくらの治療院へ

いらっしゃいませ、院長の菅井マリコです。
忙しく働く女性の皆さまに、心から満足していただけるトータルボディケアを提供するべく、この治療院を開院しました。
酷い肩こりをどうにかしたい方、むくみで重い足をすっきりさせたい方、
若い頃のハリのある肌を取り戻したい方、機械ではなく手によるマッサージを堪能されたい方、
完全予約制、女性専用のはり・きゅう・マッサージサロン「さくらの治療院」をお試しください。
どうぞよろしくお願いいたします。

Toggle

テレビ・映画・音楽

『アルキメデスの大戦』を観てきました!


夏が来るたび公開される戦争映画の類か『アルキメデスの大戦』。食指は進まねど菅田将暉くんが出ているなら…と思って観てみたら、意表を突くエンターテインメント映画でした。

戦艦大和の建造をめぐるさまざまな謀略を描いた三田紀房による同名マンガを、菅田将暉主演、「ALWAYS 三丁目の夕日」「永遠の0」の山崎貴監督のメガホンで実写映画化。日本と欧米の対立が激化する昭和8年、日本帝国海軍上層部は巨大戦艦・大和の建造計画に大きな期待を寄せていたが、海軍少将・山本五十六はその計画に待ったをかけた。山本は代替案を提案するも、上層部は世界に誇示する大きさを誇る大和の建造を支持していた。山本は大和の建造にかかる莫大な費用を算出し、大和建造計画の裏に隠された不正を暴くべく、天才数学者・櫂直を海軍に招き入れる。数学的能力、そして持ち前の度胸を活かし、大和の試算を行っていく櫂の前に帝国海軍の大きな壁が立ちはだかる。菅田が櫂役、舘ひろしが山本五十六役を演じるほか、浜辺美波、柄本佑、笑福亭鶴瓶らが顔をそろえる。
解説は映画.comより引用しました。

映画の冒頭は昭和20年、いきなり海上で戦艦・大和が抗戦しているのですよ。辺りは阿鼻叫喚の嵐。ドッカンドッカン大砲を撃てども撃てども、事態はまったく好転しないどころか攻め込まれる一方。いままさに隣で闘っていた同僚が傷ついて、どんどん海へと落ちて行きます。必死に逃げまどう兵士たち。恐怖に満ちたその目に映るのは、戦闘機から海に放り出された米軍パイロットがすぐさま駆けつけた仲間の機によって救い出される姿。この境遇の差はいったい…。絶望はさらに深まります。黒煙を上げながら船体が傾いて、とうとう大和は引っ繰り返ってしまいました。そこからお話は13年前へ…。

戦艦・大和の建造を阻止すべく、國村隼&舘ひろしペア(これからの戦争は空母だよな派)が数学の天才・菅田くんをスカウトし、橋爪功&田中泯(大型戦艦ぜったい推し派)の不正を暴こうとするのがメインストーリーなのですが、はて、さっき大和は沈んでましたよね? てことは大和建造は止められないのですよね? ならばこの映画の着地点はどこに?

半信半疑のまま、あれよあれよとお話に引き込まれ、最後はああそうなのかと納得するような、やるせなくなるような。そもそもこのお話に出てくる人たち全員「日本、たぶん負けるよな…」って心のどこかで感じてたでしょ。感じてても結局流されてしまったのですから、「怖い」としか言い様がありません。

何はともあれ、予想を遥かに超えてたいへん満足出来る作品でした。特に、いろいろな意味で「碇ゲンドウ」然とした田中泯に唸らされましたよ。

Return Top